熊本の家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
元湯
温泉

もとゆおんせん かりまた

元湯温泉 かりまた

熊本県下益城郡美里町安部743-1電話0964-47-1178

元湯温泉 かりまた

↑貸切半露天風呂 「 6号室 」

風  呂 貸切内風呂2・貸切半露天風呂3
男女別内風呂・男女別露天風呂
営業時間 10:00~22:00
入 浴 料 2名60分1500円(入館料込)
・土日祝は2名60分2000円
・3名以上は入館料を追加

・入館料は大人500円小人200円
時間延長 30分500円
宿  泊 元湯温泉 かりまた
・15:00~10:00
・大人1名(1泊2食)7500円~
・大人1名(素泊まり)4350円~
定 休 日 第2水曜
車 イ ス 階段有り×

家族風呂ルポ

訪問日:2008/08/17(初)

御船インターから国道218号線を美里町のほうへ向かい、更に国道445号線を走ると道沿いに現れる 「 かりまた 」 。 ・・・と言うルートが望ましいのだけど、ここに着く前に 「 道の駅 子守唄の里 五木 」 に寄ったワタシ達は 国道イヤ、酷道445号線をひたすら北上してきたので、すごーく疲れた後でした。445号線は知る人ぞ知る恐ろしい道です。(ところどころがけ崩れしてるし、 離合できないしという道が1時間以上続く)と言うわけで、やっと着いたこちらの家族風呂をルポ。

「 湯~庵 」 外観

「 かりまた 」 外観

日暮れ前、「 かりまた 」 に到着~。
第一印象は、「 ヘンナナマエ&コクミンシュクシャ? 」 
でした。(ごめんなさい)

「 かりまた 」 駐車場

「 かりまた 」 駐車場

広い駐車場に車を停めて、建物へ。
見事に山に囲まれてますね。

駐車場から見た 「 かりまた 」 外観

駐車場から見た 「 かりまた 」 外観

ここは建物の裏口にあたるんかな。

「 かりまた 」 裏口

「 かりまた 」 裏口

駐車場から近い建物の入口から入ることに。

「 かりまた 」 裏口

「 かりまた 」 裏口

中に入ったところは既に建物の2階部分にあたるところで、靴を脱いで下駄箱にそれをなおすようになっていました。

「 かりまた 」 券売機

「 かりまた 」 券売機

正面に券売機、右側が食事処とお土産コーナー、左側が厨房になっています。

「 かりまた 」 受付

「 かりまた 」 受付

で、右側の部屋(食事と土産コーナーのほう)に入るとすぐに受付が。 食事をするのも、温泉に入るのもこちらの受付で済ませるようになっています。 今回、電話で予約をしていたので、(なぜか)券売機を買わずにココでお金を払いました。

「 かりまた 」 2階廊下

「 かりまた 」 2階廊下

受付のある部屋から廊下へ出て「 ここをまっすぐ進むと家族風呂がありますので 」 と教えてもらったままに、まっすぐ進むと

「 かりまた 」 家族風呂前ドア

「 かりまた 」 家族風呂前ドア

突き当たりに 「 家族風呂 」の張り紙があるドアがありました。
更に進みます。

「 かりまた 」 家族風呂前通路

「 かりまた 」 家族風呂前通路

突き当たって右へ進んで、本日のお部屋「6号室」へ。

かりまた 「 6号室 」 入口

かりまた 「 6号室 」 入口

では、中へ。

かりまた 「 6号室 」 和室

かりまた 「 6号室 」 和室

おおっ、広い!
8畳の和室の真ん中にテーブル、写真では見えないけど、手前にテレビ、トイレ、奥に見える左側のドアは無意味な押入れ(以前は宿泊できる部屋だったのかな) 、そして、右側のドアは洗面所に続きます。

テーブルに置かれたメニュー表によれば、注文するとここで食事も出来るみたいです。

テレビ

テレビ

トイレ

トイレ

エアコン

エアコン

かりまた 「 6号室 」 洗面所

かりまた 「 6号室 」 洗面所

和室から右のドアの先にある洗面所兼脱衣所です。

かりまた 「 6号室 」 竹炭

かりまた 「 6号室 」 竹炭

脱臭用かな?洗面所の隅には、竹炭が置いてありました。

かりまた 「 6号室 」 浴室入口

かりまた 「 6号室 」 浴室入口

では、お風呂へ。

かりまた 「 6号室 」 お風呂

かりまた 「 6号室 」 お風呂

ん、お風呂は露天と言うか、半露天風呂かな。
手前には洗い場があります。

かりまた 「 6号室 」 お風呂

かりまた 「 6号室 」 お風呂

出入りするところ以外は四方が壁で囲まれていて、ちょっと圧迫感がある浴槽。
しかも石造りで冷たい感じがします。 広さは大人2~3人が入れるほど。

かりまた 「 6号室 」 お風呂からの景色

かりまた 「 6号室 」 お風呂からの景色

景色はこんなカンジ。夜なのでよく分からないけど、最初に入ってきた裏口が見えます。

かりまた 「 6号室 」 洗い場

かりまた 「 6号室 」 洗い場

洗い場は、シャンプーとボディソープ、シャワー、鏡があるのみです。(ま、十分なんだけど)

そして、肝心のお湯は...。 ほんのり香る硫黄の臭いのするお湯は軟らかくて肌になじみます。 目を瞑って足を伸ばすと、四方を壁に囲まれていても関係ないのかも。 こちらの方に来た際にはまた寄らせてもらいます。ごちそうさまでした。

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.