熊本の家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
瀧の上
温泉

ひがえりかぞくゆ るりのゆ

日帰り家族湯 るりの湯

熊本県阿蘇郡南小国町瀧の上温泉電話0967-44-0277

るりの湯

↑貸切内風呂「 ひばり 」

風  呂 貸切内風呂8(内3室素泊まり対応)
営業時間 10:00~22:00(受付は20:30迄)
入 浴 料 60分2000円・90分2500円(一般室)
60分3000円・90分3500円(特別室)
・中学生以下は入場不可
時間延長 なし
宿  泊 るりの湯(素泊まり)
・16:00~10:00
・大人1名11200円
定 休 日 不定休
車 イ ス 階段あり。上はかなり厳しい×

家族風呂ルポ

訪問日:2008/07/05(初)

国道442号線から小田温泉や白川温泉に向かう道へ入ったところにある 「 るりの湯 」 は、 2007年の10月にOPENしたばかりの素泊まりも出来る新しい日帰り温泉施設です。 実は、こちらの施設が出来てすぐに訪れた時、入口に貼ってあった中学生以下入浴不可の注意書きを見て、 「んじゃ、家族風呂って書かずにカップル風呂って書いとけよぅ~! 」と、車の中でブツブツ文句を言いながら帰って来た過去があるワタシ達(子供4人)。 今回、意地でも入ってみたいっ!という願望もあってリベンジしてきました。 ...と言うわけで、滅多に出来ない子供抜きの家族風呂をルポ。

「 るりの湯 」 外観

「 るりの湯 」 外観

高速を飛ばして来たけど、辿り着いたの時には陽が暮れた頃でした。

「 るりの湯 」 外観

「 るりの湯 」 外観

駐車場に車を停めて子供お断りの立て札を横目に、堂々と入館!

「 るりの湯 」受付

「 るりの湯 」受付

中に入ると、意外にもお客さんは居ない様子。そう言えば駐車場にも車がなかったような...。
奥から出てきた受付のお姉さんに、「 丸いお風呂 」 に入りたいと告げると、「 ひばり 」 のカギをくれました。

「 るりの湯 」 受付前

「 るりの湯 」 受付前

「 ひばり 」 は、素泊まり対応の部屋じゃないけど、ちょっと変わった形のお風呂に入りたかったワタシ。 今まで入れなかった分、リサーチは完璧なのです。(笑)

「 るりの湯 」 家族風呂への道

「 るりの湯 」 家族風呂への道

受付棟を出て家族風呂棟へ。駐車場と同じサクラチップが敷き詰められた足元はやわらかくてクッションの上を歩いているようなカンジ。

「 るりの湯 」 家族風呂外観

「 るりの湯 」 家族風呂外観

それぞれ独立した造りの家族風呂棟のうち、「ひばり」は一番手前にありました。

るりの湯 「 ひばり 」 入口

るりの湯 「 ひばり 」 入口

高級感漂う家族風呂にワクワク♪

るりの湯 「 ひばり 」 入口

るりの湯 「 ひばり 」 入口

では、中へ...

るりの湯 「 ひばり 」 入口からの脱衣所

るりの湯 「 ひばり 」 入口からの脱衣所

中は、古民家風のセンス良い造りで、癒される空間。

るりの湯 「 ひばり 」 脱衣所

るりの湯 「 ひばり 」 脱衣所

小物ひとつひとつに拘りがあって、さすが!と言ったカンジです。

るりの湯 「 ひばり 」 洗面所

るりの湯 「 ひばり 」 洗面所

照明も明るすぎず暗すぎず。

るりの湯 「 ひばり 」 和室

るりの湯 「 ひばり 」 和室

脱衣所の反対側には、3畳の和室があって、ちょいと寝転ぶのに丁度良い休憩所になってます。

るりの湯 「 ひばり 」 和室天井

るりの湯 「 ひばり 」 和室天井

高い天井には扇風機と照明のみ。
エアコンがなくても夏でも涼しいのでしょう。さすがに冬は寒いのでヒーターはあったけど。
和室にもドライヤーが用意されてました。

トイレ

トイレ

ヒーター

ヒーター

ドライヤー

ドライヤー

るりの湯 「 ひばり 」 浴室入口

るりの湯 「 ひばり 」 浴室入口

では、お風呂へ。

るりの湯 「 ひばり 」 浴室

るりの湯 「 ひばり 」 浴室

おおお~~っ、そうそうこのお風呂!

るりの湯 「 ひばり 」 お風呂

るりの湯 「 ひばり 」 お風呂

思ったより小さいけど、伐り株風に作られた浴槽は、本物の木ではないけど、細部にまで拘ってそれらしく造られていました。

るりの湯 「 ひばり 」 湯口

るりの湯 「 ひばり 」 湯口

湯口は、こんなカンジ。本物の木を使っていて、この雰囲気を壊さないように配慮されています。

るりの湯 「 ひばり 」 天井

るりの湯 「 ひばり 」 天井

あ~、それにしても静か(笑)。
本日、子供が居ない+他にお客が居ない+山の中なので、 湯口から出る湯の音だけを聴きながら、ゆ~~~~っくり温泉に浸かってサイコー。

るりの湯 「 ひばり 」 換気扇

るりの湯 「 ひばり 」 換気扇

いつもがバタバタしているから、余計にそう思うワタシ達。 たまには、いいかな。

るりの湯 「 ひばり 」 窓からの景色

るりの湯 「 ひばり 」 窓からの景色

障子窓を開けると、まだ植林されたばかりの若い木々が広い敷地にゆらゆらしているのが見えます。 日が暮れていない時の景色はどんなんだろうと想像しながら、ボンヤリ外を眺める時間もゆ~っくり流れて行きます。

るりの湯 「 ひばり 」 洗い場

るりの湯 「 ひばり 」 洗い場

洗い場はこんなカンジ。シャワーの出もよく(他にお客が居ないから?)、足元に敷かれた石も、足を置く高さに丁度良く、 清潔感もあって◎。

るりの湯 「 ひばり 」 茶ボディ

るりの湯 「 ひばり 」 茶ボディ

お湯に浸かったり、体を洗ったり、外を眺めたり、そして話をしたり、60分間ゆっくりと過ごせました。

るりの湯 「 ひばり 」 茶ボディ

るりの湯 「 ひばり 」 茶ボディ

で、上がって二人でそれぞれドライヤーを使っている時!
突然、電気が真っ暗に。インターホンがナイので、受付へ走って(←旦那が)電気は付いたけど。 聞けば、「 ドライヤーを同時に二つ使うとブレーカーが落ちる 」 そうです。 (じゃぁ、二つ置くなよぅ...)

お湯に特徴はなかったものの、静かで落ち着いた空間を演出していた 「 るりの湯 」 。
子供お断りの家族風呂なんて!フン!と思っていたけど、こんな大人の立ち寄り湯があってもいいかなと母は思いました。 なんと言っても、この日は結婚記念日だったので(笑)。 二人きりでゆっくり癒しの空間を楽しみたい方にはピッタリの温泉ですね。昼間は景色も楽しめてもっといいのかも。 また来年来ようかな。ごちそうさまでした。

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.