熊本の家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
山川
温泉

さんりんかく

山林閣

熊本県阿蘇郡小国町北里1435-1電話0967-46-4439

毎回入替

山林閣

↑貸切露天風呂「 2 」

風  呂 貸切半露天風呂4
男女別内風呂・男女別露天風呂
立ち寄り
営業時間
10:00~20:00
入 浴 料 800円(100円玉8枚)+入浴料・入浴料は大人1名500円
時間延長 時間制限なし
宿  泊 山林閣
・15:00~10:00
・大人1名(1泊2食)14300円~
定 休 日 不定休
車 イ ス かなり無理がある

家族風呂ルポ

訪問日:2013/12/10(初)

今回は、旦那と2人で温泉巡りの旅です。普段、子連れでなかなか行けないところや 行ってみたかった温泉(家族風呂)に行こう!という訳で、本日3湯目にやってきたのは山川温泉の 「 山林閣 」 。 「 山林閣 」はわいた温泉郷という山の中にあるのに、北海道から良質のカニを仕入れて 美味しいカニ料理を提供してくれる旅館なんですよ。

「 山林閣 」 外観

「 山林閣 」 外観

国道387号線から山川温泉の看板が出ている方へ曲がってまっすぐ進むと一番奥に 「 山林閣 」 が見えてきます。

「 山林閣 」 母屋へ向かう階段

「 山林閣 」 母屋へ向かう階段

駐車場に車を停めたら、こちらの階段を降りて行きます。

「 山林閣 」 母屋外観

「 山林閣 」 母屋外観

母屋に到着~。では、中へ。

「 山林閣 」 受付(フロント)

「 山林閣 」 受付(フロント)

中に入ってすぐに女将さんらしき人が 「 どうぞどうぞ 」 とスリッパを出してくれて、 お風呂に入りたいことを告げると、「 どうぞどうぞご案内します 」 とにこやかに対応してくれました。 フロントで入浴料500円×2人を払って、100円玉8枚を用意して、家族風呂へ向かいます。

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう廊下

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう廊下

長い廊下を抜けて

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう階段

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう階段

階段を下りて

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう階段

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう階段

さらに降りて

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう廊下

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう廊下

ちょっとした休憩スペースを通り抜けて
...って。 ん??
壁に飾られた石みたいなものはナンダロウ?

「 山林閣 」 廊下に張り巡らされた蟹の甲羅

「 山林閣 」 廊下に張り巡らされた蟹の甲羅

石じゃなくて蟹の甲羅だよコレ!

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

あ、窓にも蟹が~!
そう言えばここ、カニ料理の旅館だったよ。

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

それにしても、長い道のりだなぁ。
外に出たり入ったり。

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう廊下

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう廊下

もうすでにワタシ迷子ですし。
女将さんが居ない(笑)

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

あ、ようやく 「 家族風呂 」 の案内板が出てきましたよ。

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

でも、ワタシはこういった老舗旅館の迷路のような造りが好きだったりします。なんか、ワクワクしますもん。

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

「 女将さ~~ん 」 どこ?(笑)

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

「 山林閣 」 家族風呂へ向かう通路

あ、扉があいてるからこっちかな?
もちろん、ここにも蟹のシール。

「 山林閣 」 家族風呂棟

「 山林閣 」 家族風呂棟

あ、湯小屋が見えた!
女将さんも発見!

「 山林閣 」 家族風呂棟

「 山林閣 」 家族風呂棟

女将さんは、3つある家族風呂のうち、真ん中の湯小屋の湯船に落ちた葉っぱをせっせと拾っておりました。

山林閣 「 露天風呂 」 へ向かう小路

山林閣 「 露天風呂 」 へ向かう小路

1、2、3とある家族風呂のうち、一番景観がいいのが「 2 」のお部屋だそうです。
後から分かったけど、「 3 」 と、ちょっと離れたところにある 「 4 」 のお部屋は景色があまりよくありません。 では、中へ。

山林閣 「 2 」 脱衣所

山林閣 「 2 」 脱衣所

中に入って靴を脱ぐと、スノコが敷いてあるスペースが脱衣所。

山林閣 「 2 」 脱衣所

山林閣 「 2 」 脱衣所

ここには洗面ボールと棚と脱衣カゴ以外は何もありません。

山林閣 「 2 」 湯船

山林閣 「 2 」 湯船

湯船を見ると、女将さんが蛇口を全開にして水を出しているところでした。

山林閣 「 2 」 蛇口

山林閣 「 2 」 蛇口

女将さんは、「 水がこの線(下から10㎝ぐらいのところ)まで溜まってからコインを入れてください。 そうしないと熱くて入れないんですよ 」 と言って去っていきました。

山林閣 「 2 」 コインタイマー

山林閣 「 2 」 コインタイマー

10分くらい待ったかなぁ~。ようやく線のところまで水が溜まったのでコインタイマーに800円を投入。 こちらは100円玉しか使えないのでご注意を。

山林閣 「 2 」 湯口と蛇口

山林閣 「 2 」 湯口と蛇口

すると、湯口から勢いよくお湯がドバ~~ッと!

山林閣 「 2 」 湯口と蛇口

山林閣 「 2 」 湯口と蛇口

と思ったら、お湯は突然黄色がかった白濁の湯に変わり、一気に硫黄の香りが広がるではないの! すごい!!

山林閣 「 2 」 湯口と蛇口

山林閣 「 2 」 湯口と蛇口

実はここに来る前は 「 毎回入替式の白濁の硫黄泉が楽しめる家族風呂 」 自体、ちょっと疑っていました。 雲仙にも明礬温泉にも白濁の硫黄泉が毎回入替で楽しめるところなんてないから。

山林閣 「 2 」 お風呂

山林閣 「 2 」 お風呂

でも、これは紛れもない硫黄臭プンプンの白濁の硫黄泉!

山林閣 「 2 」 お湯

山林閣 「 2 」 お湯

硫黄泉が大好きなワタシは超感動。

山林閣 「 2 」 お風呂からの景色

山林閣 「 2 」 お風呂からの景色

そして こちらのお風呂は、なんと滝が見える素晴らしいロケーション付なのです。

山林閣 「 2 」 お風呂

山林閣 「 2 」 お風呂

湯船は大人2人が入れるほどの広さしかないけど、硫黄の香りに包まれながらのんびり滝を眺めて過ごす時間は 本当に最高でした。

山林閣 「 2 」 シャンプー

山林閣 「 2 」 シャンプー

あ、一応シャンプー類置いてあるけど、洗髪は別の家族風呂でやった方がよろしいかと思います。(シャワーもないしね)

硫黄臭プンプンの白濁の硫黄泉が好きだけど沈殿した湯の花たっぷりのお風呂よりも自分だけの一番風呂に入りたい、 出来れば自然がいっぱいの景色がいいところがいいな...って、そんな贅沢な家族風呂をお探しの方にピッタリな 「 山林閣 」 の家族風呂。 しかも時間制限なしで、男女別の露天風呂にも入浴できちゃいます。これで蟹好きなら、もう宿泊しちゃったらよろしいかと。 ただ、紹介してきたように赤ちゃん連れには不向きかと。そして夏は虫が多い予感がします。(←100%) また冬に来たいなぁ。ごちそうさまでした。

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.