熊本の家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
地獄谷
温泉

たけのゆじごくだにおんせん てんぐまつ ゆうか

岳の湯地獄谷温泉 天狗松 裕花

熊本県阿蘇郡小国町北里1800-33電話0967-46-4935

24時間

岳の湯地獄谷温泉 天狗松 裕花

↑貸切内風呂 「 つばき 」

風  呂 貸切内風呂14
男女別露天風呂
営業時間 24時間
・男女別は08:00~23:00(受付22:30)
入 浴 料 50分1500円(13室)・50分1600円(1室)
・男女別は大人1名500円
時間延長 なし
宿  泊 不可
定 休 日 不定休
車 イ ス 中庭の小道が厳しい

家族風呂ルポ

訪問日:最終訪問日:2007/08/12(4回目)

地獄谷温泉 「 天狗松 裕花 」 は、わいた温泉郷の中のひとつで、 すごく人気がある温泉です。(国道沿いで目に付くしね) 私たちも、よく寄るんだけど目的はトイレだったり、蒸し釜でのゆで卵だったりで、 お風呂自体はそんなに入ってなかったね~。ということで 今回のお風呂は、あっさり祐花に決定。
と言うわけで、今回はこちらの家族風呂をルポ。

上の駐車場からの「 裕花 」(冬)

上の駐車場からの「 裕花 」(冬)

私達がここによく立ち寄る理由は、車内泊での旅をしている時、本日の宿となる駐車場の条件に合ってるから。 駐車場は広くて暗すぎず明るすぎず、朝起きたときにトイレ(洗面)が出来て、ついでに コーヒーも飲めると来りゃあ!・・・迷わずココを選びますもん。
・・・と言うわけで、いつも利用させて頂いてます。

「 裕花 」 蒸し釜

「 裕花 」 蒸し釜

でもって、「 裕花 」 と言えば思い浮かべるのが蒸し釜から上がる湯気。 蒸し釜は、「 裕花 」 で、芋やトウモロコシ、卵などを買って 待ち時間やお風呂上りに利用する人がほとんど。でも中にはこれだけを目的に足を運んだり、材料を持ち込んで利用する人も居るようです。 (※注意:蒸すものは肉や魚以外で)

・・・・・で話はお風呂の方へ。
夜、受付が空いているときは、受付で入りたい家族風呂の札をもらい、受付が閉まっているときは 勝手に札を持って、向かって左側の小道を通り、家族風呂棟へ向かいます。 お風呂はコンタイマー式で、小銭が必要になるので、受付の横にある両替機で小銭(100円と500円)を 用意しておきましょう。 後で一人お父さんが慌てて両替に戻ることなく済みます。

裕花 「 つばき 」 外観

裕花 「 つばき 」 外観

本日、「 つばき 」 の湯をチョイス。
家族風呂は贅沢にも1棟ずつ分かれて建っております。「 1棟建てるのに一体いくらぐらいかかるんだろう?元を取るのに何年ぐらいかかるんだろう?ぇ~っと、1回1500円で1日20回入るとして...イヤイヤ、平日はそんなに多くないから...」 と、思わず余計な心配と勝手な計算をしてしまうワタシ。

裕花 「 つばき 」 脱衣所

裕花 「 つばき 」 脱衣所

中に入ると、4畳ほどの広めの脱衣所に、畳敷の長椅子、棚、洗面所。

裕花 「 つばき 」 脱衣所

裕花 「 つばき 」 脱衣所

畳敷きの長椅子は姫を寝かせるには、ちょっと幅が足りないかな。
脱衣カゴが好みのワタシ。

裕花 「 つばき 」 脱衣所

裕花 「 つばき 」 脱衣所

洗面所には鏡、ドライヤー、試供品のメイク落としがあり、 その横にコインタイマー式の器械があります。 ここに、1500円分の小銭(100円玉か500円玉)を入れて湯を入れるんだけど、その前に必ずお風呂の栓をしてから 入れましょう。
というか、注意書きを読みましょう。
(あ、注意書きに 「 写真撮影は許可がいる 」って書いてあるよぅ!)

扇風機

扇風機

ドライヤー

ドライヤー

コインタイマー

コインタイマー

では、お湯が溜まったらお風呂へ。

裕花 「 つばき 」 お風呂

裕花 「 つばき 」 お風呂

「 つばき 」 のお風呂は切石風呂で広さは2畳ほど。お湯は 無味無臭無色でサラリとしています。

裕花 「 つばき 」 湯口

裕花 「 つばき 」 湯口

竹で出来た湯口が いい味だしております。 内湯で窓が高く景色がほとんど見れない(特に夜は)のが残念だけど、 この辺りは、冬はかなり冷え込み、夏は恐ろしく虫が多いので内湯でいいのかも。

裕花 「 つばき 」 洗い場

裕花 「 つばき 」 洗い場

洗い場はこんなカンジ。
旧式のカランで温度調節が少し煩わしいワタシ。
マッサージ用の塩は、売店で買うことが出来ます。

私達にとって50分は短くバタバタするけど、お風呂上りはお肌がツルツルして(塩のせい?)さっぱりスベスベ。 湯上りの温泉卵を頂いて、「 天狗松 裕花 」を後にしました。 また、すぐ行きます。(卵を食べに)ごちそうさまでした。

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.