熊本の家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
田の原
温泉

りょかん りゅうけいえん

旅館 流憩園

熊本県阿蘇郡南小国町田の原7075-1電話0967-44-0671

旅館 流憩園

↑貸切露天風呂「 かわせみ 」

風  呂 貸切露天風呂3・男性用露天風呂
立ち寄り
営業時間
08:00~15:00、18:00~20:00
入 浴 料 60分大人1名500円小人200円
時間延長 なし
宿  泊 旅館 流憩園
・15:00~10:00
・大人1名(1泊2食)10500円~
定 休 日 不定休
車 イ ス かなり無理がある

家族風呂ルポ

訪問日:2013/12/10(初)

今回は、旦那と2人で温泉巡りの旅です。普段、子連れでなかなか行けないところや 行ってみたかった温泉(家族風呂)に行こう!という訳で、まずやってきたのは 田の原温泉の 「 旅館 流憩園 」 。 旅館の立ち寄り湯は比較的営業時間が短い中、こちらは朝早くから入浴出来ます。

「 流憩園 」 外観

「 流憩園 」 外観

田の原温泉にある 「 流憩園 」 は、国道442号線沿いにある旅館。小国町役場方面から来ると 左側に大きな看板があるので場所は分かりやすいと思います。
で、その看板を撮り忘れたので、いきなり旅館到着からスタート。

「 流憩園 」 母屋入口

「 流憩園 」 母屋入口

駐車場に車を停めて母屋の中へ。

「 流憩園 」受付

「 流憩園 」受付

玄関を入ってすぐにある受付(フロント)で家族風呂に入りたいことを告げると3つある家族風呂は 全部空いてるよとのこと。さすが、平日の午前中! ここは迷わず入りたかった一番大きな貸切露天風呂の 「 かわせみ 」 をチョイス。1人500円なので、料金は1000円です。安いヨ!

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

では早速、母屋を出て湯舎へ向かいます。

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

駐車場の奥、旅館の端のほうに、向かうと小道が出現!

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

砂利道を抜けると、舗装してある小道になったけど、急坂なので車イスはかなり無理がありそうです。

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

この時期は木々の紅葉も終わって落ち葉を見ながら歩くことになるけど、 雪が積もればすごく素敵な小道なんだろうなぁ。

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

などと考えながらテクテク歩いていると、少し開けたところに到着。

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

「 流憩園 」 家族風呂へ向かう小道

ここは、男性用の露天風呂との分かれ道でした。
目指す「 かわせみ 」 はもう少し先のようです。

流憩園 「 山魚狗の湯 」 脱衣所

流憩園 「 山魚狗の湯 」 脱衣所

ここまで、2~3分歩いてきたけど、景色が素晴らしいので歩くのもそんなに苦になりません。 あ。この時期に来る方は防寒をしっかりして行った方がいいですよ。

流憩園 「 家族風呂 」 外観

流憩園 「 家族風呂 」 外観

で、ようやく到着~。こちらの家族風呂棟には 「 かわせみ 」と 「 めじろ 」 というお風呂があります。

流憩園 「 家族風呂 」 外観

流憩園 「 家族風呂 」 外観

本日、手前の 「 かわせみ 」 にお邪魔します。

流憩園 「 かわせみ 」 入口

流憩園 「 かわせみ 」 入口

簡素な造りの湯小屋だけど、これがまた雰囲気出てていいのよね。
竹の棒で押さえているだけの扉、ステキすぎます!

流憩園 「 かわせみ 」 入口

流憩園 「 かわせみ 」 入口

扉を閉めるとこんなカンジ。

流憩園 「 かわせみ 」 入口

流憩園 「 かわせみ 」 入口

中から見るとこんなカンジ。
竹の棒が鍵の替わりにもなります。

流憩園 「 かわせみ 」 入口

流憩園 「 かわせみ 」 入口

では、中へ。

流憩園 「 かわせみ 」 のれん

流憩園 「 かわせみ 」 のれん

2、3歩進んだところに暖簾があって、そこから足もとはスノコになるので ここで靴を脱ぎます。

流憩園 「 かわせみ 」 脱衣所

流憩園 「 かわせみ 」 脱衣所

暖簾をくぐると、そこが脱衣所。
棚にいくつか脱衣カゴが置いてあるだけのスペースで 何もありません。

流憩園 「 かわせみ 」 浴室入口

流憩園 「 かわせみ 」 浴室入口

当然、暖房設備などあるわけないので、服を脱いだらすぐにお風呂へ!

流憩園 「 かわせみ 」 洗い場

流憩園 「 かわせみ 」 洗い場

まず、正面に洗い場。シャワーやカランはありません。

流憩園 「 かわせみ 」 かけ湯桶

流憩園 「 かわせみ 」 かけ湯桶

そのかわり、かけ湯用の桶があるので、ここでかけ湯をします。

流憩園 「 かわせみ 」 ボディソープ

流憩園 「 かわせみ 」 ボディーソープ

一応、ボディーソープやシャンプーなんかもあるけど、冬にここで体を洗うのは不向きかと。

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂

そして、お風呂がこちら!
すごくステキ!

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂

10人は入れる広い湯船は真ん中に丸太の仕切りがあり、 木漏れ陽が反射した湯面と影になった湯面のコントラストが見事すぎて、お母さん感動です!

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂

青みがかったお湯といい古民家風の佇まいといい周りの景色といい、もうずっと眺めていたいくらいステキなお風呂!

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂

でも、寒いのでかけ湯をしたらすぐお風呂に入るヘタレなワタシ。
入口に一番近いところは浅くなっているので そこから足を入れます。

流憩園 「 かわせみ 」 湯口

流憩園 「 かわせみ 」 湯口

湯口からは、お湯がかけ流しでチョロチョロと。

流憩園 「 かわせみ 」 湯口

流憩園 「 かわせみ 」 湯口

実はこちらの温泉、源泉が2種類あって(青みがかった湯と少~し白く濁った湯)それがどちらも同じ湯船に注がれているのです。贅沢~。

流憩園 「 かわせみ 」 天井

流憩園 「 かわせみ 」 天井

源泉かけ流しなのに、湯温も計算されたかのように丁度よく、

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂との仕切り

流憩園 「 かわせみ 」 お風呂との仕切り

本当に贅沢なひととき。

流憩園 「 かわせみ 」 景色

流憩園 「 かわせみ 」 景色

これで雪が降っていたらもっと良いのになぁ。
と、更なる贅沢空間を想像しちゃったり。

流憩園 「 かわせみ 」 椅子

流憩園 「 かわせみ 」 椅子

チビ次郎が居たら、このイスに座ってたかな~。
と、居たら居たでウルサイのに居ないからそんな事を思ってみたり。

流憩園 「 かわせみ 」 お湯

流憩園 「 かわせみ 」 お湯

とっても癒された 「 流憩園 」 の露天風呂でした。

この日は気温0度。耳がちぎれるほどに寒いわけではないけど、服を脱ぐと体が震えて歯をガチガチさせながら お風呂に入りました(笑)。 広~い敷地内は森の中を散歩しているようで、それはそれでいいのだけど、 母屋から 「 かわせみ 」 まで歩いて3~4分かかるので、冬は湯冷めしないように しっかり温まってから出た方がいいです。逆に夏場は母屋に戻るまでに汗をかくかもですが。     こちらは雰囲気重視なので、赤ちゃん連れには不向きな家族風呂です。どうしてもという方は春か秋に。 ちなみに母屋には内湯もあるけど、そちらは宿泊者専用になります。 新緑、紅葉、雪景色、いろんな景色がある家族風呂で癒されたい方はぜひ。ごちそうさまでした。

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.