福岡 家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
大野城
温泉

かぞくおんせん はなのゆ

家族温泉 華の湯

福岡県大野城市下大利4丁目12-24電話092-595-2648

毎回入替

華の湯

↑貸切内風呂「 16 」

風  呂 貸切内風呂15
営業時間 14:00~翌02:00
入 浴 料 1室3名60分1400円~1600円
・追加大人300円小学生200円
・会員(登録無料)は100円引き
・土日祝と平日18:00以降は50分200円増

※2014年4月に料金改正をしています。
時間延長 10分300円
宿  泊 不可
定 休 日 無休
車 イ ス 入口に段差有り

家族風呂ルポ

最終訪問日:2008/03/01(8回目)

「 華の湯 」 は、大野城市の中心部、国道31号線沿いにある家族風呂専門の施設なんだけど... 建物の後ろにはラブホ、すぐ近くにも沢山のラブホ、敷地内にはなんとランジェリーショップがある
...すごい温泉です。

「 華の湯 」 看板

「 華の湯 」 看板

なんだかネオンサインまでもが、それっぽく見えるのは気のせいでしょうか?

「 華の湯 」 外観

「 華の湯 」 外観

駐車場に車を停めて、中へ。

「 華の湯 」 受付とパネル

「 華の湯 」 受付とパネル

中に入ると、左側に受付と部屋を選ぶパネルがあります。

「 華の湯 」 受付とパネル

「 華の湯 」 受付とパネル

部屋のパネルの電気が付いてるところは空いていて、消えてると入浴中です。 この時は満室だったけど、待ち時間は10分ほどだったので、予約をして待機。
それにしても、このパネル。これも、周りの環境に合わせた造りなのでしょうか?(笑)

「 華の湯 」中庭受付

「 華の湯 」中庭

受付をして、奥のドアから家族風呂棟へ。

「 華の湯 」 家族風呂前通路

「 華の湯 」 家族風呂前通路

立派な中庭を通って本日の部屋 「 16 」の方へ向かいます。

華の湯 「 16 」 入口

華の湯 「 16 」 入口

では、中へ。

華の湯 「 16 」 脱衣所

華の湯 「 16 」 脱衣所

中に入ると、4畳ほどの脱衣所にトイレ、洗面所、扇風機、エアコン(無料)、長いすがあってすごく快適♪ これで、畳のスペースが1畳でもあれば言うことないんだけどなー。

華の湯 「 16 」 洗面所

華の湯 「 16 」 洗面所

洗面所は壁一面に台があって一部は荷物が置ける造りになっています。 綿棒やコットン、試供品の洗顔料までありました。

扇風機

扇風機

エアコン

エアコン

ドライヤー

ドライヤー

華の湯 「 16 」 湯張りスイッチ

華の湯 「 16 」 湯張りスイッチ

とか感心する前に、壁にある 「 湯張りスイッチ 」 を押して、お湯を溜めないと。(チビ次郎に見つからないように)

華の湯 「 16 」 お風呂

華の湯 「 16 」 お風呂

って、まだ湯が溜まってないのに、既にチビ次郎は裸で浴室におりました。
あー、お風呂はこんなカンジです。

華の湯 「 16 」 洗い場

華の湯 「 16 」 洗い場

洗い場には、洗面器とイスが2つずつあって、スペースも広め。 カランは温度調整が出来るタイプで、シャワーの勢いもヨカッタです。

華の湯 「 16 」 デッキ

華の湯 「 16 」 デッキ

ちょっと涼むのに造られたウッドデッキには、なぜか七人の小人が。
チビ次郎が 「 サンタさんサンタさん♪ 」 と言いながらグルグル飛び回っておりました。

天然温泉の家族風呂と言っても、現実的な「 華の湯 」。
設備が整っていて特に難はないものの、お湯に特徴があるわけでもなく、非日常的な癒される空間とは言えません(笑)。
でも、福岡県民としては気軽に来れる家族風呂として、また入浴させていただきます。
ごちそうさまでした。
本日のチビ次郎の不祥事件数【3】:インターホンで受付と通話、トイレ立てこもり、小人誘拐未遂。

「 華の湯」 外観

「 華の湯」 外観

付帯施設

敷地内には、自販機コーナーがあります。

お風呂データ

  • 泉 質:中性低張性冷鉱泉
  • 源泉温度:17.5度
  • 源泉湧出量:100㍑/分
  • 入湯方式:毎回入替

総 評

  • 近隣にレストラン、コンビニ、なんでもある
  • 設備が充実している
  • 清潔感がある
  • ちょっと入りづらい
  • 現実的(それがいいという人も?)
  • 総評はあくまでも個人の感想で、万人に共通するものではありません。
  • なお、個人的な辛口評価については改善されている場合もあります。ご了承下さい。

関連リンク・近くの施設

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.