福岡 家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
スーパ
ー銭湯

いおんしま まねきのゆ

イオン志摩 まねきの湯 ※2014年10月廃業

福岡県糸島市志摩津和崎29-1電話092-329-4126

毎回入替

まねきの湯

↑貸切半露天風呂「 伍 」

風  呂 貸切内風呂2・貸切半露天風呂4
男女別内風呂・男女別露天風呂・サウナ
営業時間 朝7:00~深夜0:00(最終入場23:30)
入 浴 料 60分2500円(タオル付)
・男女別は大人500円小人300円
時間延長 30分1000円
宿  泊 不可
定 休 日 無休
車 イ ス 石畳が厳しい

家族風呂ルポ

訪問日:2013/09/08(初)

本日、糸島市へやってきたワタシ達。1湯目の 「 きららの湯 」 で姫を入浴させて、次に訪れたのはイオン志摩の敷地内にある 「 まねきの湯 」。ここは以前、「 万寿の湯 」という温泉施設だったんだけど、その後「 七福神の湯 」になり、 現在は「 まねきの湯 」として営業している施設です。という訳で、こちらの家族風呂をルポ。

「 まねきの湯 」 外観

「 まねきの湯 」 外観

度派手な看板が目立つまねきの湯。イオンの敷地内にあるので、迷うことなしです。

「 まねきの湯 」 門

「 まねきの湯 」 門

門構えなんか、「 万寿の湯 」 の時のままですね。

「 まねきの湯 」 アプローチ

「 まねきの湯 」 アプローチ

石畳の雰囲気はいいけど、せっかく館内に車イス用のトイレがあるなら、バリアフリーにしちゃったらどうでしょう?って思うワタシ。

「 まねきの湯 」 正面玄関

「 まねきの湯 」 正面玄関

では、中へ。

「 まねきの湯 」 靴ロッカー

「 まねきの湯 」 靴ロッカー

靴を脱いで、右側にある靴ロッカーに靴を入れます。100円だけど、後で戻ってくるタイプです。

「 まねきの湯 」 靴ロッカー

「 まねきの湯 」 靴ロッカー

100円玉が1枚しかなかったので、無理やり2足入れるチビ次郎。

「 まねきの湯 」 受付

「 まねきの湯 」 受付

実は1時間前に受付済みで、待ち時間があったので、イオンの中をプラプラしていた私たち。 ここで、2500円を払って、受付完了です。

「 まねきの湯 」 リモコンが入ったカゴ

「 まねきの湯 」 リモコンが入ったカゴ

リモコンが入ったカゴと人数分のバスタオル(今回はチビ次郎と2人なので2枚)を受け取って 家族風...って、受付の前には誘惑がいっぱいで、チビ次郎張り付いてるじゃないの!

ゲームを触るチビ次郎

ゲームを触るチビ次郎

黒酢の自販機

黒酢の自販機

自販機コーナー

自販機コーナー

「 まねきの湯 」 家族風呂棟入口

「 まねきの湯 」 家族風呂棟入口

チビ次郎を誘惑物からはぎ取って、家族湯と書かれた緑の暖簾をくぐって、家族風呂の方へ。

「 まねきの湯 」 下駄箱

「 まねきの湯 」 下駄箱

ここで、下駄箱にある草履というか下駄を履いて、外へ出ます。

「 まねきの湯 」 家族風呂棟前通路

「 まねきの湯 」 家族風呂棟前通路

で、石畳を数歩あるいたら右へ。

「 まねきの湯 」 家族風呂棟前通路

「 まねきの湯 」 家族風呂棟前通路

ん~、この道は 「 万寿の湯 」 の時に見覚え有るなぁ。やっぱり、ほとんど変わっていないのかな。

「 まねきの湯 」 家族風呂棟前通路

「 まねきの湯 」 家族風呂棟前通路

で、さらに奥へ。

まねきの湯 「 伍 」 前

まねきの湯 「 伍 」 前

到着~。本日のお部屋 「 伍 」 は一番奥にありました。
入浴中の札をかけて、引き戸を開けると

まねきの湯 「 伍 」 入口

まねきの湯 「 伍 」 入口

もうひとつ、引き戸が。
これも、「 万寿の湯 」 時代から変わってない造りですね。
てか、建付けが悪くてチビ次郎が開けるのに苦戦してました。

まねきの湯 「 伍 」 入口

まねきの湯 「 伍 」 入口

では、中へ。

まねきの湯 「 伍 」 脱衣所

まねきの湯 「 伍 」 脱衣所

入ってすぐ草履を脱いだら、そこは5畳~6畳ぐらいある板張りの広々スペース。 脱衣所というか、休憩室かな。

まねきの湯 「 伍 」 脱衣所

まねきの湯 「 伍 」 脱衣所

部屋の中央には、ソファーとテーブル、壁には壁掛けのテレビ、右の奥にトイレ。

まねきの湯 「 伍 」 脱衣所

まねきの湯 「 伍 」 脱衣所

振り返って見渡すと、洗面スペースと、壁にはハンガーとインターホン。

まねきの湯 「 伍 」 洗面スペース

まねきの湯 「 伍 」 洗面スペース

洗面スペースには、洗面ボール、イス、鏡、テッシュ、ドライヤー、そしてなぜかクマのぬいぐるみ。

エアコン

エアコン

トイレ

トイレ

壁掛けテレビ

壁掛けテレビ

クマのぬいぐるみ

クマのぬいぐるみ

洗面ボール

洗面ボール

ドライヤー

ドライヤー

まねきの湯 「 伍 」 浴室入口

まねきの湯 「 伍 」 浴室入口

では、お風呂へ。

まねきの湯 「 伍 」 洗い場

まねきの湯 「 伍 」 洗い場

浴室の扉を開けるとすぐ洗い場で、お風呂とは仕切りが付いていて冬でも寒さをしのげて良いです。

まねきの湯 「 伍 」 お風呂

まねきの湯 「 伍 」 お風呂

お風呂は、タイル造りで大人2~3人が入れるほどの広さ。

まねきの湯 「 伍 」 お風呂

まねきの湯 「 伍 」 お風呂

片側は座れるようになっています。

まねきの湯 「 伍 」 湯口

まねきの湯 「 伍 」 湯口

そうそう、こちらのお風呂、湯が溜まるまで15分ほどかかるので、 60分+15分で実質75分の利用でいいそうです。(終了10分前にフロントから電話がかかってきます)

まねきの湯 「 伍 」 お湯

まねきの湯 「 伍 」 お湯

お湯は無色透明で特長はないものの、底面に埋め込まれた石が足の裏に当たって気持ちいい(^^)

まねきの湯 「 伍 」 坪庭

まねきの湯 「 伍 」 坪庭

坪庭は良く手入れされていて、足を延ばしてのんびりリラックスすることが出来ました。

まねきの湯 「 伍 」 部屋から見たお風呂

まねきの湯 「 伍 」 部屋から見たお風呂

部屋の中から見るとこんなカンジ。豪華なワンルームマンションのようです(笑)

今回、チビ次郎と2人で時間もたっぷりあったので、20分ぐらいは部屋の中でくつろいでいました。 体を洗ったり、のんびり湯あみしても時間が余ったので、いかにいつもがバタバタ忙しいか改めて思ったワタシ。 たまには、こんなのもいいかな。「 万寿の湯 」 との違いを聞かれると、お茶セットがなくなっていることぐらいで、 あまり変化は感じませんでした。 お値段が良い分、設備もちゃんと整っていて湯上りにゴロンと横になって テレビを見ながらくつろぐ派にはいいかもです。ごちそうさまでした。

「 まねきの湯 」外観

「 まねきの湯 」外観

付帯施設

敷地内には、レストラン、休憩スペース、ほぐしやさんなどがあります。

お風呂データ

  • 泉 質:温泉ではない(大浴場は人工温泉)
  • 源泉温度:不明度
  • 源泉湧出量:不明/分
  • 入湯方式:毎回入替式・かけ流し

総 評

  • 設備が整っている
  • イオン敷地内にあり便利
  • ちょっとお洒落
  • 毎回入替の清潔湯
  • 温泉ではない(と思う)大浴場は人工温泉
  • 総評はあくまでも個人の感想で、万人に共通するものではありません。
  • なお、個人的な辛口評価については改善されている場合もあります。ご了承下さい。

関連リンク・近くの施設

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.