福岡 家族風呂情報 ちゃらん

九州の家族風呂情報 ちゃらん
 
大川
温泉

おおかわおんせん きはだびじん みどりのゆ

大川温泉 貴肌美人 緑の湯

福岡県大川市大字中八院241-1電話0944-88-0026(平日のみ電話予約可)

大川温泉 貴肌美人 緑の湯

↑貸切内風呂 「 屋久杉 」

風  呂 貸切内風呂3
男女別内風呂・男女別露天風呂・ミストサウナ
営業時間 10:00~23:00
入 浴 料 60分1000円+入館料
・入館料は大人600円小学生400円幼児無料
時間延長 30分500円、60分1000円
宿  泊 不可
定 休 日 第二、第四火曜日 (祝日・26日の場合は営業)
車 イ ス 段差あり

家族風呂ルポ

訪問日:2013/12/01(初)

ちょっと近場の温泉でも行くか~。と思い立って旦那とチビ次郎の2人は佐賀方面へ。 で、途中で気が変わってやってきたのは福岡県大川市の「 緑の湯 」。 (ちなみに、うちからはぜんぜん近場じゃありませんが) というわけで、今回はこちらの家族風呂をルポ。

「 緑の湯 」 外観

「 緑の湯 」 外観

「 緑の湯 」 は比較的新しい温泉施設だけど、源泉かけ流しのモール泉で 人気の施設。

「 緑の湯 」 エントランスと靴ロッカー

「 緑の湯 」 エントランスと靴ロッカー

早速、駐車場に車を停めて中へお邪魔します。

「 緑の湯 」 自販機と布袋様

「 緑の湯 」 自販機と布袋様

いきなりデカイ布袋様がお出迎え!

「 緑の湯 」 アジアンテイストな休憩所

「 緑の湯 」 アジアンテイストな休憩所

でも、アジアンテイストな休憩所があったり、

「 緑の湯 」 受付

「 緑の湯 」 受付

だけど、受付は普通だったり、ちょっぴり謎めいた空間。

「 緑の湯 」 券売機

「 緑の湯 」 券売機

家族風呂は空いているよということで、 こちらの券売機で券を買って受付に渡して、家族風呂へ向かいます。

「 緑の湯 」 大浴場と家族風呂の分かれ道

「 緑の湯 」 大浴場と家族風呂の分かれ道

入館料を払っているので家族風呂に入った後、大浴場にお邪魔することも可能です。

「 緑の湯 」 家族風呂へ向かう通路

「 緑の湯 」 家族風呂へ向かう通路

所々に木彫りの布袋様がいらっしゃいます。

「 緑の湯 」 家族風呂棟入口

「 緑の湯 」 家族風呂棟入口

この扉を開けると家族風呂ゾーン。

「 緑の湯 」 家族風呂部屋前

「 緑の湯 」 家族風呂部屋前

こんなカンジで部屋が並んでいて...

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 前

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 前

本日、一番手前の 「 屋久杉風呂 」 にお邪魔します。

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 入口

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 入口

では、中へ。

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 脱衣所

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 脱衣所

お~~~。中は温かみがある木造の脱衣所ですよ。
入口入ってすぐに長椅子、

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 脱衣所

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 脱衣所

L字型の脱衣所の右奥に洗面所。
洗面所の向かいにはトイレも付いています。

トイレ

トイレ

エアコン

エアコン

ドライヤー

ドライヤー

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 浴室入口

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 浴室入口

では、お風呂へ。

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 お風呂

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 お風呂

すみません、湯気がすごくて写真が...(ToT)
浴室には屋久杉で造られた湯船。

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 お風呂

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 お風呂

ちょっと分かりにくいけど、湯船は大人2、3人が入れるほどの広さ。

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 湯口

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 湯口

湯口からは源泉100%の新鮮なお湯が注がれ、少し緑がかった色をしています。

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 洗い場

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 洗い場

洗い場とお風呂の位置関係はこんな感じ。

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 シャンプー

緑の湯 「 屋久杉風呂 」 シャンプー

シャンプー類はあまり良質のものではなさそうです。

...ってここ、とてもお湯がいい! 家族風呂を出て大浴場にもお邪魔したのだけど、 特に露天の方は 「 リンスに浸かってるようだった 」(ほんとかい?!) と、 後に旦那は熱く語っておりました。 うーん、大川の温泉がこんなに良かったとは...(あ、失礼)ツルツルの浴感を楽しみたいので 今度はワタシもぜひ。ごちそうさまでした。by旦那&チビ次郎。

Copyright c 2013 All Rights Reserved All trademarks and copyrights on this page are owned by charan.